• 鯨法会/こんあい

  • 鯨法会/はとねず

鯨法会

鯨法会は春のくれ、
海に飛魚採れるころ。

浜のお寺で鳴る鐘が、
ゆれて水面をわたるとき、

村の漁夫が羽織着て、
浜のお寺へいそぐとき、

沖で鯨の子がひとり、
その鳴る鐘をききながら、

死んだ父さま、母さまを、
こいし、こいしと泣いてます。

海のおもてを、鐘の音は、
海のどこまで、ひびくやら。

〈デザイン解説〉

「人々の繁栄」と「鯨の命」みすゞさんらしい相反する事への問いかけ。このデザインは相反するモチーフ
の組み合わせ、みすゞさんが投げかけたメッセージを表現してみました。
「紺色(深い海)と窓の灯(人々の世界)」「波と星」「魚と小鳥」「鯨と木」「船と本」
人々と自然が共生出来る世界、まさに今、私たちのまわりで起こっている問題と重なるところが
あります。考える事を教えてくれるみすゞさんの代表作の一つです。