• 薔薇の町/あおふじ

薔薇の町

みどりの小径、露のみち、
小みちの果ては、薔薇の家。

風吹きゃゆれる薔薇の家、
ゆれてはかおる薔薇の家。

薔薇の小人はお窓から、
ちいさな、金の翅みせて、
おとなりさんと話してた。

とんとと扉をたたいたら、
窓も小人もみな消えて、
風にゆれてる花ばかり。

薔薇いろのあけがたに、
たずねていった薔薇の町。

その日
わたしは蟻でした。

〈デザイン解説〉

童謡詩人である、みすゞらしい、まるでお伽話のようなかわいい詩。
「みどりの小径、露のみち」・・・・・背景には仙崎の町でスケッチに描き残した建物のシルエットや、窓、
扉、屋根瓦などをデザインしました。
薔薇のお花も少しかわいくユニークな表現にし、詩のイメージに合わせてみました。