• 麦の芽/なえいろ

  • 麦の芽/うすき

麦の芽

お百姓、畠に麦まいた。

毎晩、夜霜が降りたけど、
毎朝、朝日が消してって、
畠はやっぱり黒かった。

ある夜、夜なかに誰か来た、
杖を三べん振っていた。
「こどもよ、こども、出ておいで。」

あけの明星と、お百姓と、
一しょに麦の芽みィつけた。
そこにもここにもみィつけた。

〈デザイン解説〉

田んぼや畑は、まるで幾何学模様のようです。麦を刈ったあとは、星のような模様が並びます。
畑のうねは縞模様、そんな自然が作り出すデザインをそのまま描いてみました。