• 鯨法会/るりこん

鯨法会

鯨法会は春のくれ、
海に飛魚採れるころ。

浜のお寺で鳴る鐘が、
ゆれて水面をわたるとき、

村の漁夫が羽織着て、
浜のお寺へいそぐとき、

沖で鯨の子がひとり、
その鳴る鐘をききながら、

死んだ父さま、母さまを、
こいし、こいしと泣いてます。

海のおもてを、鐘の音は、
海のどこまで、ひびくやら。

〈デザイン解説〉

かなしくて、やさしい、みすゞの詩、「鯨法会」。
青く静かさが感じられる波間に、親子のくじらを溶け込ませ、波とくじらが調和しているようなデザインをつくってみました。