• 機織り/るりこん

  • 機織り/わすれなぐさ

  • 機織り/なでしこ

機織り

朝からきっとん
機を織る、
山のむすめの
おもうこと。

この織る布が
知らぬまに、
都のひとの
着るような、
友禅もように
変わらぬか。

けれどもきっとん
織るたびに、
縞のもめんが
長くなる。

〈デザイン解説〉

山のむすめが織ったものが、きれいでかわいい帯になっただろうな、と空想し、貝の口や蝶々結び、おたいこ、いろんな帯び結びを描き、デザインを作ってみました。
素朴な縞模様、小鳥や鈴の模様をあしらった帯、ちょっと和風なリボン柄です。