• 御本/なのはないろ

  • 御本/こんあい

御本

さびしいときは、父さんの、
お留守の部屋で、本棚の、
御本の背の金文字を、
じっと眺めて立ってるの。

ときにゃ、こっそり背のびして、
重たい御本をぬき出して、
人形のように、抱っこして、
明るいお縁へ出てゆくの。

なかは横文字ばかしなの、
カナはひとつもないけれど、
もようみたいで、きれいなの。
それに、ふしぎな香がするの。

お指なめなめ、つぎつぎに、
しろい、頁をくりながら、
そこにかかれたお噺を、
つぎからつぎへとこさえるの。

〈デザイン解説〉

幼いみすゞさんは、お父さんの振り仮名もない難しい本を模様のようだ、と表現しています。
後に詩人となる原点のような気がします。美しい装丁の本を並べ、デザインしました。